HOME>アーカイブ>税理士や弁護士に頼る【目的に合わせてプロに相談しよう】

税理士や弁護士に頼る【目的に合わせてプロに相談しよう】

相談

法律絡みのトラブルは弁護士依頼がベスト

離婚トラブルで慰謝料を請求されていたり借金問題で任意整理が必要となっていたりする事例では、法律問題の解決が必要となりますので法律についてあまり詳しくない素人判断で対処すべきではありません。そんなときは法律のプロである弁護士への依頼が得策です。幅広い専門知識や実績をもとにして、依頼人にとってベストな解決策を提示してくれることでしょう。

相続税と相続トラブルで相談する依頼先の違い

弁護士・司法書士

弁護士は広範な法律問題を取り扱える法律の専門家であり、トラブル解決までサポートします。司法書士も相続の手続きに関する書類代行が可能です。主に、弁護士や司法書士には遺産相続問題を相談するでしょう。

税務申告の専門家

相続に関連して相続税が問題となるケースが多くあり、税務申告の専門家として税務の相談や代理を税理士に依頼する必要があります。税金が絡んだら、税理士が強いです。

税理士とは

税理士とは税金の専門家であり、税に関わる様々な問題の相談や書類作成などの他、包括的な代理を独占的にできる士業です。例えば、様々な納税を正しく行うためのサポートをします。

税理士に依頼できる内容

裁判所

税務の代理業務を依頼できる

税理士だけが独占的に行うことができる主な業務の一つとして、納税者の申告手続きを代理して申告します。また税務調査が入った場合に適切な対応がとれるようにアドバイスをします。

税務関連書類の作成を依頼

税務署に提出する必要がある各種書類の作成を代理して実施します。例えば、相続税や確定申告に必要な申告書の作成は、税理士のみが委任を受けて実施できる仕事となります。

顧客の税務相談を行うこと

税に関する問題や申告手続きに関する疑問などを解消するために、税理士が税務相談に応じてくれます。特に確定申告書の作成については、多くの自営業者や年金生活者から相談を受けます。