全国に多数存在する弁護士

弁護士は全国各地に多くの法律事務所が存在していますので、最寄りの弁護士に依頼できることが多くあります。特に、都市部に弁護士は集中していることが多いので、何か相談したいことがあったら、事務所を調べてみるといいですよ。利用者は少なくないので、消極的になる必要はありませんよ。

弁護士依頼で多い相談

弁護士
no.1

離婚トラブルの紛争解決

夫婦間の関係が回復不可能な状態になってしまうと、離婚に向けて財産分与や親権の所在など様々な問題を決着させなければなりません。感情的になってしまうこともあり、当事者どうしで解決が難しいケースが多くあり、弁護士に依頼して双方の利害を調整してもらう方が得策であると言えます。

no.2

交通事故の示談交渉について

交通時の加害者になったり被害者になったりした場合に、示談交渉を有利に進めるためには弁護士に相談するのが得策です。保険会社の代理人や渉外担当が先方に存在する場合は、なおさら法律問題に詳しい専門家からアドバイスをもらったり交渉を代理してもらったりすることが必須となるでしょう。

no.3

借金問題の相談及び解決

借金の返済が滞ると延滞金が生じたり、放置したりすることで差し押さえやブラックリスト入りなど良いことはありません。また個人間で連帯保証人になった結果、莫大な借金を負うこともあります。債務整理をするために、弁護士に相談すれば適切な対応が可能になります。

プロの知識を借りる

法律の知識は複雑で多岐に渡るため、トラブル解決のために法律知識を駆使するのは素人には難しい面があります。そこで法律のプロである弁護士の力を借りてアドバイスをもらうと、双方納得の上で問題解決できますので時間の節約になって効率的です。

弁理士と弁護士の違い

弁理士は知的財産の専門家

サービスや製品の発明に関する権利(知的財産)に関する専門的知識を持つのが弁理士であり、権利化のため特許庁への申請手続きの代理をします。また特許や意匠などの争いについて、解決のためのサポートが主な業務としています。

弁護士は広範な法律のプロ

弁護士は司法試験に合格した法律のプロであり、弁理士と比べて広範な法律問題を取り扱います。例えば離婚訴訟や相続問題のサポートや代理行為のほか、借金問題の解決など多岐に渡ります。また知的財産の訴訟について弁理士と協力することもあります。

法律絡みの悩みを瞬時に解決!弁護士依頼で悩む時間を短縮

ジャッジガベル

法律問題は法律家へ

法律絡みのトラブルや紛争など、さまざまな分野における法律問題を解決するためには、法律に関する知識や豊富な経験が必要です。一般の個人の力では対応するために時間や手間がかかったり、対応できなかったりする事態もあるでしょう。そんな問題も法律の法律家(弁護士や司法書士など)に依頼することで、円満解決が期待できますので是非とも信頼できる法律の専門家に相談しましょう。

福岡で弁護士を探すならここへ?

不倫の問題で慰謝料請求についての疑問をココで解決!

港区で税理士事務所を利用して税金の悩みを解消☆

広告募集中